FAQご質問にお答え


Q1:どんな方がご案内してくれるのですか?

 

A1:ガイドは長年(10年以上)ロンドンに滞在している、現地を良く知る英語に堪能な日本人女性がご案内させていただきます。歴史の建物のご案内だけでなく、何かの困ったときも、ホテルの対応なども変わりに解決させていただくことができる安心ガイドサービスです。

 

Q2:「明日か、明後日おねがいしたいのですが?」

 

A2:当サービスが余裕があるときは、不可能ではありません。サンプルコースをご利用いただくことにより、その準備の期間を短く当日のご案内とすることは可能です。

 

しかし、最低の予定のコースをご検討、ご了解いただく数日以上のお時間をいただきご案内をさせていただきます。

通常のオーダーメイドコースは、お申込みから当日ご案内をさせていただくまで少なくとも1週間~2週間前を要します。

余裕を持ったご注文をいただければありがたいです。

 

Q3: イギリスで使用できないクレジットカードはありますか?

 

A3: 日本のクレジットカード(ダイナース、JCB)は、大きなデパートまたは空港以外は使用できません。クレジットカードはViSA、マスターカードをお持ちください。(アメリカのAmexカードも使用できないお店があります。)

 

また、事前に暗証番号をご準備ください。日本では署名をしてカードを使用しますが、イギリスでは暗証番号をカードマシンに入力して使用します。その番号がわからないとカードが使用できません。暗唱番号はご来英前に忘れないようにご準備ください。

万が一カードが使用できない時のために、現地で換金できる日本円をお持ちになると安心です。 詳細はこちらからご覧ください。

Q4:オイスターカードがキャンセル返金できなかっのですが

 

A4: オイスターカードの仕組みや料金は時折、変更されます。現在(2017年2月)は、オイスターカードは購入後48時間以内のキャンセル、または、残金10ポンド以上が残っていると、窓口に人がいる駅へ行き、スタッフによる返金処理が必要となります。人員削減により各駅に窓口が失くなった現在、時間と手間がかかるため、購入時期、入金金額には気をつけましょう。

 

よって、48時間前に購入されたオイスターカード、残金が10ポンド以下のオイスターカードであれば、各駅の機械で返金処理ができます。

 

Q5 : ドレスコードとは、どのようなファッションですか?

  カジュアルでもできるホテルでのアフタヌーンティは、ありますか? 

  

 

A5:スニーカーにジーパンというカジュアルなファッションでも行けるアフタヌーンティを提供しているところに、カフェレストランがありますので、レストランでよければあります。

しかし、アフタヌーテンティは貴族の女性が始めた習慣であるという歴史背景から、イギリスの文化ではホテルでのアフタヌーンティは、ほとんどがスマートカジュアル(日本セミフォーマル)というドレスコードです。カジュアルでも、スマートなカジュアルであることが、そのマナーとなっています。身なりにより階級を重んじるイギリスの根強い文化なゆえ、ウエイターからいい待遇を受けたいときは、面倒でも革靴を一足スーツケースに加えましょう。

スマートカジュアルとは、日本でいえば通勤着をカジュアルにしたオシャレ着ファッションのことを言います。

詳細は、「要チェック日本での準備!」をご参照ください。

 

 

Q6: 日本円現金をイギリスポンドに換金するさい、どこで換金したほうが一番利率がいいですか?

 

A6: クレジットカードを使用しイギリス現地でキャンシングすることが、安い手数料(約3%の金利)で現金を引き出すことになり、いちばんお得になります。また、イギリスでお買い物をするさい、全てをクレジットカード払い(1回払いのみ)を利用することがいい利率(約3%)になります。

 

海外でキャッシングをすると犯罪防止のために、クレジットカード会社がブロックをして現金が引き出せない場合が多々あります。事前に海外で使用することを、クレジットカード会社へ通知をしておきましょう。

 

イギリスはカード社会です。スーパーでは1ポンドから、レストラン、駅の切符、すべての支払いがクレジットカードの使用ができます。現金の換金は最小限にして大金は持ち歩かないようにすることが、スリの犯罪防止にもつながります。(タクシーだけが現金が必要になります。)

 

Q7:お見積書の「銀行手数料込み当日換金レート」は、どのように計算されていますか?

 

A7: 各料金ページに、簡単にイギリスポンドから日本円に換算できる「計算機」ガジェットが表記されています。この計算機で計算された合計額は、平均値でありネット上のレートに過ぎません。この計算された金額に銀行手数料4%を加算していただいた金額が、実際にイギリスへポンドで送金される際の日本円の換算レートとして計算します。

 

ただし、そのレートは過去4−5日間で最高レートを使用して計算されますので、ご了承ください。それは、ご提案後、実際にご入金をしていただく時に元のレートに戻ってしまう場合が多々あるためです。

 

また、当サービスがイギリスの各サービスへお支払いの代行をさせていただく際、ご入金をしていただいた日本円をイギリスの銀行へ送金作業をします。その際、銀行の海外送金手数料5000円は、当サービスが負担させていただくことになります。日々変動する1−2円のレートの変化には、寛大な対応をお願いいたします。

 

Q8: 車を使い1日ロンドンを案内していただきたいのですが、そのようなサービスはありますか?

 

A8: 車椅子のご利用の方など、もちろん運転手の方をお願いし、当ガイドサービスの女性が1日同行させていただくことが可能です。

しかし、ロンドン市内はブラックキャブが、頻繁に5〜6台が目の前を走ります。ご希望であれば1日運転手さんを貸し切ることでも構いませんが、その費用と、車の駐車場を探す不便さを考えると、必要な時だけブラックキャブを利用する、または呼ぶ(ネットサービス利用)ことが、経済的にも、駐車場の上でも利便性が良いかもしれません。

 

ロンドンのやや郊外(ゾーン2−3)への移動や、2時間の車によるロンドン周遊など、必要に応じて柔軟に対応させていただきます。詳細はご相談ください。

 

Q9:あるサイトで、「イギリスは雨が多いから、常に折りたたみ傘を携行すると良い」という書き込みを見つけましたしかし、イギリス人は傘をささないとも聞きます。どちらが正解でしょうか。

 

A9: 傘は必ずご持参ください。旅行ですので、折りたたみの方が便利ですね。イギリス人は傘をささない人が多いのは事実です、日本人は逆に小雨でもすぐに傘をさしますね。結構な雨でも傘をささない習慣はイギリス人ですので、日本の方は傘をご持参くださいね。

 

Q10:ロンドン現地での待ち合わせと、連絡先を教えてください。

 

A10: 現地で携帯電話などお持ちでない場合は、お客様のご宿泊のホテルまでお迎えに上がります。(時間の節約上、待ち合わせ場所を決めさせていただく場合もあります。)電話番号は、イギリス現地で日本の携帯電話をご使用のさい、国際電話となりますので国番号0044からダイヤルください。ホテルからお電話いただくと、国内電話になりおやすくなります。(その際は、0744 799 6335)

 

イギリス電話番号 0044 744 799 6335 (携帯電話)