英国のしきたり。ロイヤルアスコット、ドレスコードへの挑戦

毎年6月の第3週目の火曜日から5日間開催される、イギリス伝統のホース・レーシング(競馬)がある。女王が主催するロイヤル・アスコットだ。

 

歴史をたどれば、1711年にアン女王が創設し、時代の過程でロイヤル、パレード、ロイヤルドライブと呼ばれた時代の変遷を経て、現在のロイヤル・アスコットになった。

 

ご自分でも乗馬をされる現在のエリザベス女王は、多大の馬好きで知られており、このロイヤルアスコットは毎日、走馬の順番や結果は報告され、競馬場の再建が、1964年と、2005年に2度もされたほど。

 

ところで、わたしが特に興味を引かれたのがそのドレスコード。

ロイヤル=女王主催なので、そのファッションも厳しい。

男性は、山高帽と、ベストを中にに来たモーニングスーツを着用。靴は黒。

女性は、フォーマルなドレスに、必ず帽子、ヘッドピースを着用。

ロイヤルアスコット

 

その詳細は以下。

ドレスコード

●ドレス、スカートの長さは膝のすぐ上か、またはひざ下。

●ドレス、またはトップのストラップの幅は1インチ(2.5㎝)かそれ以上。

●ジャケットまたは、ショールを着用可能、しかしその下のドレスまたはトップは上記のドレスコードの条件を満たすもの。

●パンツスーツは可能。長さはくるぶしまである長さで、上下が同色、同素材のもの。

●帽子、またはヘッドピースを着用の事。ヘッドピースはベースが4インチ(10㎝)かそれ以上の直径があるものが、帽子の代わりとして受け入れられる。

 

受け入れられない条件

●ドレスのストラップが、オフショルダー、ホルタ―ネック、スパゲッティ―ストラップは不可。

●腹部が見えるもの。

●「Facsinators (魅惑的な人)」= 上記の条件に合わない(変わったファッションの人という意味?)、または、4インチ(10㎝)の頭部を覆っていない人は入場を拒否される。


 

すごいですねー。昔、中学、高校生の時に厳しい服装のルールがありましたが、ファッションに関しては、日本のアバンギャルドファッション精神を担っている私としては、これは、いかにこのルールの限界まで行けるか、挑戦したい気持ちです。(または、全く行かないかどちらか。)

 

そうでなくても、その写真で見れるように、たくさんのこのルールに挑戦したアスコット・ゴア―(行く人)が見られますが。

 

Telegraphオンライン新聞のリンクから、その風景が垣間見れます。

女王はじめ、皇室メンバーが参加された、1日目はここから

他、たくさんの興味深い参加者が見れる、2日目ここから

 

写真を見ると、私で無くても同じ考えの人はたくさんいるよう。




英国☎︎+44-744-799-6335

日本時間18:00-25.00/ イギリス時間はマイナス9時間

ロンドンから私がサポート

ご安心ください。ご質問はなんでも、私がここロンドンからお答えします。

 

🖋  Blog ブログ



\フォーローしてね/



思いのままのロンドン・イギリスをサポートするロンドン個人ガイド、パーソナルショッピングサービス