ローストビーフが1年中食べられる、1828年創業 Simpson's in Strand

ローストビーフを、(平日に)食べたいというお客様のリクエストで、こちらをご案内。

 

(イギリスは宗教上、サンデーローストと呼ばれるローストビーフは、今でも、お休みの日曜のみに食べられ、どこのレストランでも日曜だけのメニューになるのです。)

 

創立1828年、当時のイギリスは、男女別、またクラス別がはっきりわかれていた時代。このレストランも例外でなく、ジェントルマン用の社交の場、シガー(葉巻)とチェスができる、まあジェントルマンズ・クラブ(紳士の社交バー)みたいなレストランでした。その入り口や、インテリアは当時とほとんど変わっていないそう。女性が入れるようになったのは、近年の1981年とのこと。

 

そのお話しをしてくれた受付の方も、アイルランド人女性で、ほか働いている方も、しっかり女性です。

 

インテリアは、ほとんど1830年代当時のままだそうで、チェスのチェックボードをイメージしたというグリーンの床のモザイクタイル張りの入り口。往年のビクトリア時代が目に浮かぶようです。

言い忘れましたが、このレストランは、そのローストビーフが一年中食べられ、ほかイギリスの伝統料理(キドニーパイなど)が食べることができます。

 

当時の男性たちが、チェスをしながらテーブルを離れなくていいように、大きなふたが着いた銀食器がテーブルに運ばれ、横でビーフが切られたのは、このレストランが発祥のようです。

シンプソンズ イン ストランド
お肉の焼き方を、このテーブルで選ぶことができます。

重厚な深いブラウンの木製のパネル張りのインテリアは、歴史のレストランなので、観光客が大好き。その分、地元の方たちの足が引いている印象ですが、そんなの観光客の私たち(?)には関係ありません。

 

でも、28日熟成のローストビーフは(ちょっと高い29.50ポンド)は、柔らかくおいしいです~。

「最近どんな有名人が来た?」という質問に、「たくさんだけど、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、目に着かないように隅のベンチシートに座ったよ」と教えてくれたスタッフは、みな(観光客慣れして)フレンドリーです。写真にも、笑顔で応えてくれます。

 

ディナータイムには、チェスボートが乗ったピアノで、引き語りが入って素敵。

 

ロンドン観光個人ガイドサービスの詳細はこちらへ

 

 




英国☎︎+44-744-799-6335

日本時間18:00-25.00/ イギリス時間はマイナス9時間

ロンドンから私がサポート

ご安心ください。ご質問はなんでも、私がここロンドンからお答えします。

 

🖋  Blog ブログ



\フォーローしてね/



思いのままのロンドン・イギリスをサポートするロンドン個人ガイド、パーソナルショッピングサービス