日本人は知らない世界中が怒る、イルカの惨殺問題

The Independent 2014年1月20の記事

対峙のイルカ:日本政府が擁護する200頭のイルカの食肉用虐殺」

 

海外に住む日本人としては、「針のむしろ」状態のこの問題。毎年西洋の世界中が新聞のトップニュースに書きたてます。著名人(Virginのリチャード・ブランソンなど)も自分のFacebookで反論を唱え、日本人が標的の的に。

しかし、日本の新聞はこれを日本で伝えているのか疑問です。

 

和歌山県対峙?
特に、このイギリスの全国版の新聞インディペンデントに書かれた日本に対する多大な非難。

200頭のイルカを残忍に殺して刺身で食べるってほんとう? 日本人さえも知らない情報を世界中の人が知ってます。

新しい米国大使ケネディー氏の批判のツイッターが世界中に回っているらしいけれど、日本ではこういうニュースは、一切新聞ニュースでは報道されません。

Facebookの中のコメントには、「(こんなことするから)放射能被曝するのは当たり前」という「罰当たり」的な無関係なことを持ち出す残酷なコメントも。

 

あなたは、知ってましたか?また、どう思いますか?

 

【イルカ漁についての和歌山県の見解は、こちら

 




英国☎︎+44-744-799-6335

日本時間18:00-25.00/ イギリス時間はマイナス9時間

ロンドンから私がサポート

ご安心ください。ご質問はなんでも、私がここロンドンからお答えします。

 

🖋  Blog ブログ



\フォーローしてね/



思いのままのロンドン・イギリスをサポートするロンドン個人ガイド、パーソナルショッピングサービス