いっしょに歌おうイギリス国歌 British National Anthem (歌詞付き)

先日、日本からの方に、イギリスの国家はなんですか?と聞かれて、とっさに出なくて、知りませんと答えてしまった。

検索したら、な~んだ知っているじゃない。これです。

『神よ女王(国王)を護り賜え[1]』原題: God Save the Queen (King)作者不詳。


公式行事などで使用される場合、通常第一節のみが歌われる。時代により王が男性 (King) であるか女性 (Queen) であるかで、曲名および歌詞が変わる。


歴史を見ると、旋律は16世紀には存在していて、すでに複数の君主をたたえるために歌われていた。


1742年には『メサイア (ヘンデル)』の「ハレルヤ」が生まれ、この3年後に作者不詳の「ゴッド・セイヴ・ザ・キング」が登場したが、誰も「国歌」と呼ぼうと考えていなかった。


1745年にイングランド王位を取り戻そうと、ジャコバイトはスコットランドからイングランドへ向けて侵攻を開始した。ジャコバイトがイングランド中部ダービーまで南下してロンドンを脅かす中で、トマス・アーンは君主と国家の安寧を祈って「神よ、国王陛下を護り給え」を編曲した。


そのため、「神よ、キング(クイーン)を救い給え」となっているのね。

英語原詩 邦訳例
1.

God save our gracious Queen,
Long live our noble Queen,
God save the Queen:
Send her victorious,
Happy and glorious,
Long to reign over us,
God save the Queen.

おお神よ我らが慈悲深き女王(国王)を守りたまへ
我らが気高き女王(国王)よとこしへにあれ、
神よ女王(国王)を守りたまへ:
君に勝利を
幸福を栄光をたまはせ
御世の長からむことを:
神よ女王(国王)を守りたまへ

2.

O Lord, our God, arise,
Scatter her enemies,
And make them fall.
Confound their politics,
Frustrate their knavish tricks,
On Thee our hopes we fix,
God save us all.

おお主よ、神よ、立ち上がられよ
汝と君の敵を消散せしめたまへ
打ち砕きたまへ
彼らが策を惑はしたまへ
彼らが騙し手を挫きたまへ
我らが望みは汝の上に!
神よ我等を救いたまへ

もう一回!

これであなたも、イギリス愛国主義者の仲間入り。

Come on and join us, being patriotic for Britain!




英国☎︎+44-744-799-6335

日本時間18:00-25.00/ イギリス時間はマイナス9時間

ロンドンから私がサポート

ご安心ください。ご質問はなんでも、私がここロンドンからお答えします。

 

🖋  Blog ブログ



\フォーローしてね/



思いのままのロンドン・イギリスをサポートするロンドン個人ガイド、パーソナルショッピングサービス