ロンドンで豪華フレンチ大衆レストラン

最近春めいてきて、やっと6ヶ月ぶりくらいに友人に会いました。といっても彼女はロンドン中心まで40分、わたしも30分で行ける範囲に住んでいる。

 

最近はメール社会になり、都合も、待ち合わせの場所も、時間も何もかも、メールで打ち合わせをする社会になり、そしてなんだか、都合が悪くなりキャンセルすることもメールでやるのはよくないです、はい。

みなさん、お断りだけは誠意をもって電話で説明しましょうね。

 

何はともあれ、女二人会えば話は尽きません。この友人と2ヶ月のメールのやり取りの後、この圧巻のレストランに連れて行ってくれました。


彼女のご主人が先に発見したんだそう。 まさか、あのピカデリーサーカスのごった返す通りの地下に、こんなホールのような圧巻のレストランが隠れているとは、知らなかったらまず偶然入っていくことはないでしょう。(以下写真)

 

内装は、ほとんどフランスの往年の(19世紀?)の大衆レストラン。その雰囲気は本場と変わりません。

 

メニューもセットメニューにすれば、ランチのフルコースでグラスワイン付きでなんと20ポンドで食べれるお手軽さ。(単品メニューは、普通のお値段)しかも、それが全て美味しかったから、けっこうこのグランドな大衆レストランZedel(ゼデル)は侮れません。

 

12時ちょうどに来た時ガラガラだったレストランも、30分もすればこのとおり。この大きなホールだったレストランもほぼ満席。

 

ここは、むかしホテルのボールルーム(ダンスホール)だったそう。すべて大理石のゴージャスなこの内装、きっといちばん栄えたビクトリア時代1800年代の遺産でしょう。現在は、同じくピカデリーの高級レストランThe Wolseyと同じ系列だそうです。

ウエイターも皆フランス人、渡されたメニューもフランス語でした。悩んだあげくにメニューを質問すると、「オー、英語のメニューがよかったのね」と渡してくれました。なんだあるじゃない。

 

トイレの内装も、1930年代アールデコ調で結構目を楽しませてくれます。おそらく30年代に改装された当時のままの本物のアールデコインテリアです。ここイギリスには偽物はないのです。

 

入り口はほとんどパリのカフェ。このカフェを通って地下へ行くと驚きのホールのレストランが現れます。

 

パリのカフェをロンドンで経験したい時もぴったりの場所。ピカデリーサーカスに行った時は、スタバよりもずっといい。

レストランのお食事感想言い忘れましたが、けっこうイケてました。お手頃フレンチが欲しい時、近くへ行ったときは是非どうぞ。ピカデリーサーカス駅徒歩3分




英国☎︎+44-744-799-6335

日本時間18:00-25.00/ イギリス時間はマイナス9時間

ロンドンから私がサポート

ご安心ください。ご質問はなんでも、私がここロンドンからお答えします。

 

🖋  Blog ブログ



\フォーローしてね/



思いのままのロンドン・イギリスをサポートするロンドン個人ガイド、パーソナルショッピングサービス