インテリアショーDecorexへ行くの巻

神戸のインテリアデザイナーの方のリクエストで、Decorexというインテリアトレードショウへ同行してきました。

 

個人的にファッション、インテリアに興味ある私は、両方ともちょっとだけ勉強した)一つ返事で了解、この日を一月まえから予約をお受けし、そしてその当日。

 

 リッチモンド駅で待ち合わせした彼女は、西洋人のように背が高く、スタイリッシュな経営者として貫禄のある女性。

 

ロングジャケットがお揃いのようだけど、背の低い私よりもずっと素敵に着こなしている彼女と、ブラックキャブに乗り10分弱。

 

会場は、サイオンパーク(Syon Park)というキューガーデンの裏側にある大きな公園にできた仮設会場。

その巨大会場には、100店舗以上が出店、1センチ厚さの本の出店者一覧をもらい中へ。

 

彼女によると、この壁紙の会社は、この花柄をすべてひと筆ひと筆、手書するそう。

 

1メーター幅3メートル四方の壁紙が、なんと通常20−30万円するそうです。

 

特にこの壁紙の花柄の一部の花は、刺繍になってました。金額はいったい??


デビッド・リンリーのインテリアは、女王の甥っ子、デビッド・チャールズ・アームストロング-ジョーンズ=ヴィスコント・リンリーという長い名前を持つ、リンリー子爵がデザインする家具の会社です。


オークションハウス、クリスティーズのヘッドでもある彼の会社は、最近出資スポンサーが変わったとか。


シャンペンバーもかなり盛況。


仮設会場を上手に布を使って演出。家具も出店者のソファーでいい宣伝効果。でも汚される心配もあり?

 

展示される高価な家具からも、ハイソな人たちが集まっていることが見て取れます。


インテリアチェック中の彼女。現地人より背が高い。

クールです。

(背が高いことは、西洋で対等にビジネスするにはかなり得?)


お手伝いした商談がうまく行けばいいです。 Fingers Crossed!





英国☎︎+44-744-799-6335

日本時間18:00-25.00/ イギリス時間はマイナス9時間

ロンドンから私がサポート

ご安心ください。ご質問はなんでも、私がここロンドンからお答えします。

 

🖋  Blog ブログ




\フォーローしてね/



思いのままのロンドン・イギリスをサポートするロンドン個人ガイド、パーソナルショッピングサービス