ロンドンに来たならJames Bondツアー

これがMI6といい正式名称はシークレット・インテリジェンス・サービス、ミリタリー・インテリジェンス第6課です。

(日本語では、情報局秘密情報部というそうです。)

移動するバスの2階から撮ると結構いい構図で撮れます。

 

一昨日、ジェームス・ボンド大ファンのお客様のリクエストで、ジェームスボンドツアーにお答えしてこのツアーを企画しました。

イギリスのシークレットサービスには、MI5(情報局保安部)と、MI6(情報局秘密情報部)の2つの課があります。MIは、ミリタリー・インテリジェンスの略で第5課と、第6課と続きます。

下の写真が、MI5の建物です。

この二つの建物はテムズ川を挟んで斜め前に立っています。

はて、この二つはどう違うのか? 調べてみました。

 

MI5(情報保安部、上の石の建物)は、国内の情報を対象に活動し、多くの元警官が働いているらしく、スコットランドヤード(警察庁)と協力して活動するところです。

対して、MI6(情報局秘密情報部)が国外を対象とし活動しています。よってジェームスボンドはこちらに配属してるわけですね。(映画上のお話ね)

 

MI5.MI6には、それぞれスタッフ4000人以上がいるそうで、その40%は女性であり「普通の人」と書かれているので、驚きます。実際、この観覧に行った日も、裏手のスタッフ入り口から20代とも30代とも見えるカジュアルな服装の女性3人が出て来て、やや拍子抜け?した感もありました。皆バシッとしたスーツを着ているわけではないのです。

サイトには、「大卒でない人も募集」と書かれています。

 

次は、ジェームスボンドがSpectreでテムズ川を駆け巡ったスピードボート。

かなりのスピードで船を揺らしてくれるの面白いのですが。残念ながら冬のこの時期は、参加者が8名に足らず、運行しないことが判明。代わりに遊覧船をご経験いただきました。

でもゆっくり写真も撮れるので、初めてのロンドンの方には、30分の遊覧船はオススメです!

 

(下の写真は、スピードボート、夏に経験したい。)

到着したロンドン塔から、2階建てのバスに乗り、コベントガーデンまで来ると、この映画博物館で代々のジェームスボンド氏が酷使したアストン・マーチンが展示されています。

 

この特別仕様3000万円以上?のアストン・マーチンをギスギスのボロボロにするんです。これが「年取った少年?には、たまらない醍醐味が、この007の映画にハマってしまう理由」なんだそう。とお客様から習いました。

 

映画でジェームスボンドが使ったパスポートや、アメックスのクレジットカードの複製も、普通なら犯罪なのでしょうが、全て本物のように作られています。ダニエル・クレイグのJames Bondとサインが入ったパスポートもあります。

 

この館内では、ここでしか買えない007グッズのおみやげショップもありますが、何と言っても、このGun Barrel銃口の中に入ってジェームスボンドのように写真を撮ってくれるサービスがおすすめです。

「え、今日はトレーナーとセーターだし。。」

大丈夫、取り付け式の白シャツと、ブラックタイ、ジャケットも貸してくれます。(かなりボロボロですが、写真ではわからない)

 

A5サイズに現像してくれる写真を観覧後には準備してくれます。1枚10ポンド?、2枚13ポンド、3枚20ポンド、そのほかに1枚の画像をメールにて送ってくれます。

最近、ブログのアップデートが手抜きになっている私に、「このジェームスポンドのツアーのこと書いてくださいよ」と後押しされました。

ご案内の1日の最後にわかったのですが、M様はなんと200名も社員がいるIT会社の社長様で、仏様のように微笑みリラックスされ、何事にも動じない人格が、やはり只者ではないと思っておりました。

 

「いろいろロンドンの話を知っているので、楽しかったですよ。」と仕事冥利に尽きます。

アドバイスもいただき、また当サービスのご利用もありがとうございました〜。この次のパリも楽しんでくださいね。




英国☎︎+44-744-799-6335

日本時間18:00-25.00/ イギリス時間はマイナス9時間

ロンドンから私がサポート

ご安心ください。ご質問はなんでも、私がここロンドンからお答えします。

 

🖋  Blog ブログ



\フォーローしてね/



思いのままのロンドン・イギリスをサポートするロンドン個人ガイド、パーソナルショッピングサービス