ハムステッドの秋の散策

 

ロンドンに住んで以来、何軒も引っ越したものの、過去15年以上をこのフェントンハウスから直径1.5kmのところに住んできた。現在も1.2kmのところに住んでいて、初めてこの週末、このFenton Houseへ行ってきた。

 

このお家は、Merchant商人のお家で17世紀に建てられ、代々伯爵と言われる人たちが住んできたらしい。最後は、子どもがいないレディー・ビニング(Lady Binning)夫人が1936年に購入、亡くなる1959年にナショナルトラストへ寄付された。

 

現在住んでいるWest Hampsteadから、車の激しい大通りFinchley Roadを横切ると、そこはロンドンで1、2位を争う富豪が住む住宅街。「あ〜、こんなお姫様のような豪邸に住めたら・・」と夢を見ながら、豪華な家々が連なり、木々が高く空を葉っぱの色に染める通りを歩く。

 

富豪が住む通りは、必ず大きな木々が並び、素敵な家家と隠れた狭い猫道は、いい散歩コースでワクワクさせてくれる。

もうすぐクリスマス前の時期になると、ドアにリースが飾られ、窓からは大きなクリスマスツリーが見えるように飾られる。

 


この大きな葉っぱの落ち葉をサクサクと踏み分けながら、道路を横切る。

坂になるこのビクトリア時代のガス灯ライト(現在はもちろん電気)が雰囲気ある。

 

 

この通りを右に曲がると、こんな住宅街に小さな教会を発見、Holly Walkと名付けられた意味がわかる。


 

この通りのお家のドアには、風習なのか?Horse Chesnutsで作られたリースが掛けられている。

それぞれ、素敵さを競争しあっている感が、微笑ましい。

 

目的地(Fenton Hose)の前には、こんな豪邸が!まるでお城のよう。

おそらく現在の住宅事情では、建物の中が分割され、数軒に分けられていると思われる。

しかし、おおきいなぁ。

目的地は、この家の正面にあるFenton Houseでした。

このナショナルトラスト管理の17世紀のお家の観覧が目的でしたが、お話が長くなったので、Fenton Houseは、またの機会に紹介しますね! お楽しみに。




英国☎︎+44-744-799-6335

日本時間18:00-25.00/ イギリス時間はマイナス9時間

ロンドンから私がサポート

ご安心ください。ご質問はなんでも、私がここロンドンからお答えします。

 

🖋  Blog ブログ



\フォーローしてね/



思いのままのロンドン・イギリスをサポートするロンドン個人ガイド、パーソナルショッピングサービス