ブログカテゴリ:ロンドンニュース



12日 4月 2017
3月22日のウエストミンスターのテロ事件でカレッド・マスードゥが5人の観光客を轢き、国会議事堂の入り口を警護していた警察官を刺し、この警官はその傷が原因で亡くなった。警官の名前は、PC(警察官)キース・パルマー、47歳だった。...
22日 1月 2015
プリンセス・ダイアナのインタビュー。 1995年11月に、BBC1パノラマという番組で放送されたマーティン・バシャーのインタビューによるもの。 日本から来られる方たちが、いまだによく口にされ、質問があるのが、このダイアナ妃のこと。1997年8月に亡くなり約20年が経とうとしている今日でも、皆の心に生きているダイアナ妃。...
09日 1月 2015
科学者スティーンブン・ホーキンスの映画、The theory of everything (邦題:彼女と博士のセオリー)を観ました。 端的に言って、おすすめです。 この映画は、時間と宇宙の理論物理学者としてアインシュタインと比較される世界的に有名な科学者の元妻、ジェーン・ホーキンスの自伝をもとに作られた映画です。...
20日 11月 2014
狩猟をしなくても食に困らない現在、いまや貴族の趣味と言っていい狩猟(ハンティング)。  今も昔も富裕層が住むMayfairを歩くと、こんな小さな無名のお店に王室御用達しのワランティーが付いているお店をよく見かけます。
09日 11月 2014
いままでケイト・モスが話すことを聞いたことがありますか?  ほとんどテレビに出ない謎に包まれている彼女。 私は初めて聞きました。 イギリス版ヴォーグ12月号は、ケイト・モスの特集版。 その撮影の様子のインタビューが彼女のHighgateの自宅で撮影、カメラが潜入。(数か月前、目の前に行きました!)...
26日 10月 2014
10月20日、新しいポップアップショップがセルフリッジデパート、ワンダールームにオープンした。その名前を「THE PADDINGTON CUTRIOSITY SHOP」(私の訳で:パディントンの好奇心満々のお店)(2015年1月4日まで) これは、11月28日に公開されるコンピューターグラフィック版の新しい映画「PADDINGTON」に因んでのポップアップショップ。でも、なぜセルフリッジに?...
11日 10月 2014
今日、ロンドン地下鉄、交通局チーフの発表によると、2020年から250本の地下鉄の電車が「ドライバーレス」(運転手不在)となるそうです。 ドライバーなしで運転されるなんて、あの扉が閉まっている最中に飛び乗るロンドンっ子の特技が、たまに失敗してバッグが挟まったままで進行してしまうとき、どうするのかしら??...
26日 9月 2014
近年、なぜか、やはり、どんどん郵便局が閉鎖されるロンドン。そんな中、ここWest Hampsteadの教会が、郵便局併設のコミュニティー広場になった。 小綺麗なアンティークソファがあるカフェ、ローカルなブランドの食品、花屋、子供の遊び場ができ、子供のバギーを横にお茶する人で、なかなかアットホームないい雰囲気。...
20日 9月 2014
昨日19日、歴史に残る初めてのスコットランド独立キャンペーンの選挙結果で、No 55%, Yes 45% で、スコットランドは、United Kingdom(イギリス連合国)に残ることに決まった。前代未聞の85%の人が投票場に向かったらしい。 私が、この国に初めて来た1999年夏、2か月間をスコットランドで過ごした。英語学校をDundee(Yes...
10日 9月 2014
「’水風呂’には、頭痛に非常によい効果がある、体に体力をつけ活気づけてくれ、その上、女性のうつ病や、インポテンスにいい効果がある、しかし痛みはほとんどない。Dudely Ryder 1715年」(右写真) 時代が変われば、価値観や常識も変わる。イギリスの1700年代は、冷水を浴びることが、健康に非常に良いとした流行があり、裕福な家庭は、'Cold Bathing'...

さらに表示する